EXILE CUP

EXILE CUP 2018

株式会社LDH JAPANが2010年より社会貢献活動の一つとしてスタートした
小学校4年生から6年生を対象としたフットサル大会「EXILE CUP」。
全国で予選大会を行い、各地区の優勝チームは決勝大会に集結し全国一を目指します。

大会のスペシャルサポーターにEXILE ÜSA、アドバイザーに岡田武史氏、アンバサダーに香川真司選手を迎え、
多くの方々にご協力・ご参加いただいています。
子どもたちに「チャレンジ」してもらえることを願い、
「EXILE CUP」はこれからも「Dreams For Children・子どもたちに、夢を。」というテーマのもと、笑顔で楽しく、
そして、一生懸命サッカーに取り組む子どもたちを応援しています

ABOUT

2017年で8回目の開催となったEXILE CUPは、2010年からの8年間で延べ3,200チーム以上が参加し、約29,000名の夢を持った子どもたちが熱い戦いを繰り広げてきました。

2016年からは“ROAD TO EUROPE”と題し、全国大会優勝チームへは「ヨーロッパサッカー夢者修行」を贈呈。

ドイツでの親善試合やブンデスリーガ観戦、そして香川選手との交流会を実施しました。

これからも夢を持った子どもたちのチャレンジをサポートできる大会として開催を予定しています。

ACTIVITY

予選大会

  • 1

    設営・準備

    地元の方にもお手伝いをしてもらい大会の準備をしています。

  • 2

    開会式・EXダンス体操

    EXILE CUPでは恒例となったEXILE ÜSA考案の
    「EXダンス体操」でウォーミングアップ。

  • 3

    予選リーグ

    リーグ総当たりで試合開始!

  • 4

    抽選会

    決勝トーナメントに進出する16チームで、1号球を使った大会オリジナルの組合せ抽選会。

  • 5

    決勝トーナメント、決勝戦

    歓喜と涙が入り混じる熱戦が繰り広げられます。

  • 6

    閉会式

    優勝~3位までの表彰と記念撮影。
    優勝チームには決勝大会出場の目録を贈呈。

決勝大会

各地区の優勝チームが集結。
全国一の座を掴んだチームには
トロフィーと「ヨーロッパサッカー夢者修行」を贈呈。

スペシャル

  • 決勝大会では試合以外にも自然学習など交流の場を設けています。

  • 2016年全国優勝チームには
    「ヨーロッパサッカー夢者修行」をサプライズでプレゼント!
    ドイツの地元チームと親善試合をしました。

MESSAGE

EXILE CUP 2017

大会スペシャルサポーター EXILE ÜSA

今年で8年目の開催となるEXILE CUPは、音楽とスポーツという異なった分野が一緒になって盛り上げ、
子どもたちの夢を応援したいという想いの詰まった大会です。
これまでの参加人数は約2万5千人にものぼり、全国の夢を持った子どもたちに参加してもらっている事を嬉しく思います。
毎年、EXILE CUPの会場に足を運ばせていただき、子どもたちのキラキラした姿を見ると、僕自身も小学校から高校まで仲間とともに無我夢中でボールを追いかけていた日々を思い出します。
そして、純粋に「ボールを蹴ることが好き」、「仲間と一緒に勝ちたい」といった想いで一生懸命にチャレンジする子どもたちの姿から刺激と感動をもらっています。
僕はダンスを通して、一つ一つの目標を達成すること、そこで出会った仲間との絆を深めることの大切さを学びましたが、みんなにもこの大会を通して大切な何かを感じてもらえるように精いっぱいエールを送ります!
今年は、どのような夢を持った子どもたちが参加するのかすごく楽しみです!
僕が考案したEXダンス体操もウォーミングアップでやりますので、選手、監督、観客のみなさんで是非、楽しんで身体を動かしてみてください!

大会アドバイザー 岡田武史(FC今治オーナー/サッカー日本代表元監督)

今年度で8年目を迎える「EXILE CUP」の開催が決定したと聞き、
EXILE(LDH JAPAN)には、日本サッカー発展に尽力を注いでいただき、感謝申し上げます。
今年2月、昨年度決勝大会優勝チームとともに、大会アンバサダー「香川真司選手」が所属する、
ドイツ・ドルトムントに行って来ました。
子どもたちに世界レベルを肌で感じさせるプログラムを準備し、大きな夢を持つことの大切さを伝えようと
しているEXILE(LDH JAPAN)や香川選手に感銘を受けました。
私も、ドイツ遠征で大きなテーマを見つけることが出来ました。
EXILEやEXILE CUPに参加する子どもたちに負けないように、
今治で新たなテーマに取り組んで行きたいと思います。
参加選手の皆さん、決勝大会の頂点を目指して、予選大会を勝ち抜いて来てください。
新しく完成する、FC今治のホームスタジアム「ありがとうサービス.夢スタジアム」で待っています。

大会アンバサダー 香川真司(プロサッカー選手)

香川真司です。
昨年度に引き続きアンバサダーをさせて頂く事になりました。
大会を見させて頂いてサッカー好きな個性ある選手が出場する大会だと強く感じました。
ここから日本代表、そして世界で戦う選手が数多くでてくる事を願っています。
ぜひ優勝めざしてがんばってください。

STAFF’s VOICE

STAFF のだ

Q1プロジェクトに参加した理由を教えてください。
Aサッカーが好きだから。初めはこんな単純な動機でした。自分が小学生の時に参加したサッカー大会は今でも夏の思い出です。
回を重ねる度に、LDH ならではの、これまでにないサッカー大会を創意工夫で創造したくなりました。
今では EXILE CUPに照準を合わせ、1 年を過ごしています。
Q2活動に参加して良かったこと、大変だったことを教えてください。
A良かったことは、日本全国の子どもとサッカーを愛する「サッカーファミリー」と知り合えたことで す。
大変だったことは、夏休みの開催ですので、猛暑、ゲリラ豪雨、雷といった人知の及ばぬ天候を相手にせねばならないこと。
携わる皆で最大限配慮し、安全な大会運営を常に心がけています。
Q32016 年度の活動で最も印象に残っているものを教えてください。
A地域の方、参加してくれた子どもたちと会話を交わし、応援し、共に1日を過ごす。
この大会が行われること自体が、ひとりひとりの思い出になってきているのかなと感じられたことです。
子どもたちの喜怒哀楽は、時に忘れてしまう人間の原点を思い起こさせてくれます。
Q4社会貢献活動に興味がある人、活動中の人にメッセージをお願いします。
A背伸びせず、欲張らず、自分の持てる時間を少しずつ分け合って、等身大の活動をすることが、継続した取り組みができる秘訣。
気負わずはじめの一歩を踏み出してはいかがでしょうか。
PAGE TOP