Ocean’s Love

ocean's LOVE主催:認定NPO法人Ocean’s Love

Ocean’s Love は、アンジェラ・磨紀・バーノンを中心に2005年に設立した知的・発達障がい児のための
ボランティアサーフィンスクールです。障がいのある子どもたちに海の素晴らしさ、海の愛、
エネルギーを感じてもらい温かな心になってほしいという想いから活動がスタート。
茅ヶ崎海岸をホームとする中で全国にて活動をしています。
LDH JAPAN もこの想いに賛同し2010 年より活動に協力しています。
「Ocean’s Love」は日本全国の子どもたちの笑顔を求めて、活動し続けます。

ABOUT

2005年に初めてOcean’s Loveを開催した場所は茅ヶ崎海岸(神奈川県)。
ホームとして活動しているのは茅ヶ崎ですが、Ocean's Loveの夢である
日本全国での開催。
今までに伊良湖海岸(愛知県)、青島海岸(宮崎県)、京丹後海岸(京都府)、
古浦海岸(島根県)、浜田海岸(島根県)、浜厚真海岸(北海道)、
多々戸海岸(静岡県)、磯ノ浦海岸(和歌山県)でも開催しました。
全国の障がい児が安心して楽しく海で遊べる環境を作りたいという想いで、各地でOcean’s Loveサーフィンスクールを開催しています。
2014年には、初のハワイスクールを開催。これまでに2015年、
2017年とハワイスクールは3回開催されました。

毎年、参加する子どもたち、ボランティアさん、サポート企業が増え、
Ocean's Love の活動は全国に拡大しています。
LDHスタッフも、想いに賛同しボランティアとして毎年参加しています。

ACTIVITY

サーフィンスクールの1日

ボランティア受付開始

受付をしたらスクールで使用するテントやイス、ボードなどの荷物を
皆で運びます。
各担当に分かれて手際よく会場の設営開始!
慣れているボランティアさんも多いので、あっという間に設営終了!

7:00

挨拶・注意点説明等

アンジェラから挨拶、注意点などの説明を開始。
各チームに分かれ、
担当の子どもの説明、ミーティング、ボランティアさんによる
シミュレーションを行いどのように教えるかしっかりと説明が
行われます。

8:15

子どもたちの受付開始!

参加する子どもたちの受付開始!
それぞれチームごとに子どもたちを迎え準備をしていきます。

9:15

スクール開始!

子どもたちの着替えを済ませ、ついにスクールが始まります。
まずは子どもたちの自己紹介。そのあと、しっかりと準備運動、
そして陸の上で練習!練習が終わったら海でサーフィン!

10:00

ビーチクリーン

海から上がり、ランチの前にみんなでビーチクリーン。

11:45

ランチタイム

待ちに待ったランチタイム!
チームごとに集まって、いただきまーす!

12:00

思い出作り

ランチが終わったら思い出作りの時間。
貝殻を使って思うままにフォトフレームを作ります。

12:45

集合写真撮影

みんなで集合写真を撮り、海に向かい「1日ありがとうございました!」
とご挨拶、そして隣にいるお兄さんお姉さん、ボランティアさん同士も
しっかりとご挨拶!

14:00

> 15:00お見送り・終了

最後はお土産を渡して、子どもたちをお見送り。
お見送りをしたボランティアさんから会場の片付けをしていきます。
最後にアンジェラからご挨拶。
お疲れ様でした!この日のスクールは終了です!

14:45

MESSAGE

アンジェラ・磨紀・バーノン

私の兄は障がいを持っていて、以前から『自分に何かできる事はないかな?』と思っていました。
そんな時、ハワイで自閉症の子ども達のサーフィンスクールに出会い、ボランテイアとして参加しました。
海に来て波に乗るまでは私の目さえも見られずに、ずっと下を向いていた子ども達が沖に出て波に乗り岸に帰ってくると・・・
満面の笑顔!『もう1回、もう1回!』と沖を指差す子ども達の姿を見て、サーフィンや海がこれほどまでに人の心を動かす力がある事に感動しました。その時『私が1人の人間として、プロサーファーとしてするべきことはこれだ!』と思ったのです。アメリカに比べ、日本の方が障がいを持っている人にクローズマインドだからこそ、この活動を日本でする意味があると感じたのです。
私も1人のサーファーとして毎日海に入っていて、海に癒され、海から沢山の愛をもらい、海から自然の
大切さや感謝の気持ちなど多くの事を学んでいるので『これを少しでも多くの人達とシェアする事ができたら、 なんて素晴らしいんだろう!』と思い、Ocean’s Loveサーフィンスクールを開催しています。
このOcean’s Loveサーフィンスクールは私の活動の中で特別な存在。なかなか海に行かれない子ども達や、
サーフィンというスポーツさえ知らない子ども達。日本では初の試みで、最初は不安でいっぱいでしたが、
今では多くの方々のご支援により、今年で13年目を迎えることができました。
今では、毎年多くの子ども達の
笑顔から元気をもらい、子ども達から沢山の事を学ばさせてもらっています。
私の目標は『全国でOcean’s Loveを開催する事!』1人でも多くの子ども達に海の素晴らしさや、サーフィンの楽しさを知ってもらい、海のパワーで笑顔になってもらえるように、この活動を通して障がいを持っている方への理解を1人でも多くの方に深めて頂き、障がいを持っている方々も住みやすい社会になってもらえたらと願っています。

PAGE TOP