LDH NEWS

2020.06.29

【公開延期のお知らせ】近日公開 映画「東京リベンジャーズ」に鈴木伸之が出演!

近日公開 映画「東京リベンジャーズ」に鈴木伸之が出演します!

累計発行部数300万部超、週刊少年マガジンで連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、タイムリープと共に成長を遂げていく主人公タケミチの姿、熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」の実写映画化プロジェクトが遂に始動!



鈴木伸之はキヨマサこと清水将貴(キヨミズマサタカ)役にて出演します!

■鈴木伸之コメント
原作を知ったきっかけは、周りの友達がこぞって「面白い!」と言っていたことです。
だからお話をいただいた時は嬉しかったですし、
実際読んでみるとただの不良漫画ではなく、主人公が時代を行き来したり、人間関係もしっかり描かれていて確かにすごく面白かったです!
映画化に今自分もワクワクしています。キヨマサというキャラクターは悪役ですが、せっかく演じさせてもらうからには皆さんの記憶に残るような際立った“ワル”にしたい。
外見もできる限り原作に忠実にしていくつもりなので、是非楽しみにしていて下さい。



「これは、オレの人生のリベンジだ!」
ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女・橘ヒナタを救うため、未来を変える!!
主人公・花垣武道(ハナガキタケミチ)は壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるどん底人生真っ只中のダメフリーター。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタ、その弟・ナオトが、関東最凶の組織”東京卍曾”に殺されたことをニュースで知る。その事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落する。死を覚悟した瞬間、タケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった!過去に戻ったタケミチはヒナタの弟ナオトに遭遇、ナオトに「10年後ヒナタは殺される。」と伝えたことにより、未来が変化した。ヒナタは救えなかったがナオトは死を避け10年後刑事になっていた。現代に戻り、刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい!」と言われる。タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが関東最凶不良軍団・東京卍曾に挑む!

【作品情報】
◇原作:和久井健「東京卍リベンジャーズ」(講談社「週刊少年マガジン」連載中)
◇キャスト:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 鈴木伸之 磯村勇斗 間宮祥太朗 吉沢亮
◇監督:英勉
◇配給:ワーナー・ブラザース映画

◇公式サイト:tokyo-revengers.jp
◇公式Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ
◇公式Instagram:@revengers_movie

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会


公開延期のお知らせ
2020/10/9(金)に公開を予定しておりました映画「東京リベンジャーズ」につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大による国内の事態を受け、検討を重ねた結果、公開日の延期を決定いたしましたのでお知らせします。

変更後の公開予定日については、決まり次第お知らせ致します。

皆様により一層作品を楽しんでもらうため、新たな公開日に向けて力を尽くしていきます。
PAGE TOP